火曜日のゲキジョウ

<< 二宮正晃のコント部 × 凡タム | main |
マンガタリ編集部 × 劇団りゃんめんにゅーろん

 

5/29(火)[30×30 pair.97]
『マンガタリ編集部 × 劇団りゃんめんにゅーろん』

●18:30〜:マンガタリ編集部
●19:10〜:劇団りゃんめんにゅーろん​
●19:50〜:マンガタリ編集部
●20:30〜:劇団りゃんめんにゅーろん​

予約:1,800円/当日:2,000円
 (チケット1枚で連続する2本を観劇できます。)
チケット予約はこちらをクリック!

 

マンガタリ編集部「マンガタリ30」

構成・演出:マンガタリ編集部
出演:菱田盛之、中村あゆみ、他

2011年、編集長 菱田盛之の衝動で誕生したコミックリーディングユニット。いろんな方の、マンガに対するいろんな想いや表現を楽しみたいと、毎回、舞台の役者さんと声の演じ手さん数人のコラボレーションで、マンガに描かれたセリフやナレーション、時には効果音までをすべて朗読し、本来絵で描かれたマンガの世界を、人間の声で表現しようと試み続けています。そんなマンガタリ編集部、初の30×30参加。さて何が飛び出しますやら。どうぞお楽しみに!

劇団りゃんめんにゅーろん「晴れ間」

作・演出:南出謙吾
出演:山本祐也、坂本顕(劇団The Stone Age)

劇団りゃんめんにゅーろんがお届けするのは、オッサンの二人芝居。本社のキレモノ幹部の小松は、地方営業所の閉鎖を伝えるために、所長である丸岡に会いに来た。だが、その前に首吊り自殺を目撃してしまう。小松はそれを無視した。それどころではなかったのだ。ところが、それから幽霊が見えるという。さらにそれが、営業所の営業員かもしれないという…。多くの従業員を救うためには、少数の営業所員を犠牲にせざるを得ない。切る側も、切られる側も、生身の人間なのだ。哀愁と滑稽に満ちた30分。

| 公演情報 | 15:18 | - | - | - |

火ゲキでは参加劇団・ユニットを募集しています

初心者劇団でも少数ユニットでも参加出来ます