火曜日のゲキジョウ

<< チューズデーず × まきこみじこ | main | 無名劇団 × チューズデーず >>
彗星マジック「ヒーロー」2月号

 

2/14(火)[彗星マジック 新春三ケ月連続公演]
『ヒーロー』

●19:00〜
●20:30〜

※受付開始・開場は開演時間の30分前からとなります。

料金:2,000円(予約当日とも)
 (チケット1枚で連続する2本を観劇できます。)
チケット予約はこちらをクリック!

彗星マジック「ヒーロー」

作・演出:勝山修平(彗星マジック)

出演:小永井コーキ、米山真理、鈴木太海、中嶋久美子、

2月号ゲスト:是常祐美(シバイシマイ)、西原希蓉美(満月動物園)
 

現代から30年程前、突如、怪人や怪獣が現れた。政府はそれらを【壊滅災害】として認定し、国家公務員職に【壊滅災害】を打倒するための職種【特別任務官(俗称:ヒーロー)】を追加、【壊滅災害】への対応を施行。その任務の危険が及ばぬよう、家族や恋人にも正体を明かさず【特別任務官】たちは日夜【壊滅災害】の打倒に明け暮れた。

縦横無尽に暴れ回る【壊滅災害】の被害は凄まじく、潤沢に用意されたに見えた予算も瞬く間に底を尽き、また、【壊滅災害】の出現は不安定ということもあり、政府はその任務の特殊さから【特別任務官】の給与を固定給から歩合制へと変更を提唱。「命をかけているのにそんなひどい話があるか」と【特別任務官】は声を上げるも、正体を明かせない為その声は匿名性をおび、「歩合制こそ公平だろう」という世論の声にかき消され、給与は歩合制へと変更。こうして地域によって裕福で忙しいヒーロー、貧乏で暇なヒーローが誕生、格差社会は【壊滅災害】によって拍車がかかる形となったー。

ヒーローは、1話完結約30分の連続短編作品です。過去既に6話が上演、どこからでも楽しめます。今回の新春三か月連続公演では、毎ステージ2話を上演(約1時間)

 

過去の作品や詳細はこちら

| 公演情報 | 16:19 | - | - | - |

火ゲキでは参加劇団・ユニットを募集しています

初心者劇団でも少数ユニットでも参加出来ます